外付けのhddは 認識が必要|安心安全に利用する術

ウーマン

安く始めるデータ保管

HDD

安価な製品で確実に

会社のパソコンで扱うデータのほとんどは、誤って消したりしてはいけない貴重なものです。端末本体だけに保存しておくのではなく、外付けhddのような外部の記憶媒体にもバックアップを残しておくと安全です。記憶媒体の中でも外付けhddは容量が大きく、単位あたりの単価が安いというメリットがあります。そのため大きくなりがちな会社のデータをバックアップする際に便利です。バックアップの作業は、なるべく定期的に行うようにします。パソコンの機能の一つであるタスクとして設定しておくと、自動で保存されるので確実です。データの量が多いときには、外付けhddを複数揃えて対処します。これはバックアップの冗長化にもつながり、データの保全性を高めることができます。

つながらない時には

市販されている外付けhddの多くは、USB端子をパソコンに接続することで自動的に認識が始まります。認識にかかる時間は数十秒から数分程度で、準備が終わればすぐにデータのコピーを始めても構いません。たまに認識しないことがありますが、その際は一度USB端子を抜き、もう一度挿し直すのがおすすめです。端子によって相性もあり、パソコンに用意されている別のUSB端子へ挿し込むと認識されるケースもあります。正しい手順に沿ってつなぐことも大事です。製品によっては、最初にUSB端子につないでから電源を入れるパターンや、専用のドライバをインストールしてからつなぐパターンなどに分かれます。手順を間違ってしまうと外付けhddを認識できないため、必ず製品の取扱説明書を熟読し、それに従うようにしましょう。

PCの容量不足を解消する

ハードディスク

PCを使い続けることでデータが蓄積されていきますが、あまり溜まってくるとネット環境が重くなるなど不具合が生じてきます。こうした事態になったら外付けhddなどの外部ドライブに移行したりDドライブに移行するなどしてPC内を整理しておくようにします。

Read More

HDD復旧サービスがある

PCを操作する人

ハードディスクを修理してもらいたい法人の方は専門サービスがあります。ここではRAIDは他のサーバーにも対応できるのです。さらに修理できるかどうか確認を取ってくれるのでその後の判断は自分で出来ます。そして軽度から重度の物理障害にも対応可能です。

Read More...

専門店に依頼すると

オフィス

起動しないパソコンは専門店に依頼してデータの読み出しを行いましょう。専門店ならパソコン内の重要データを安全に外部ディスクへと移すことができます。限られたスタッフのみで作業を行うほか、契約オプション内に機密保持の条項があるので、パソコンから企業秘密が漏れることはないでしょう。そのため、安心して依頼できます。

Read More...

Copyright© 2016 外付けのhddは 認識が必要|安心安全に利用する術All Rights Reserved.